企業の変化にオフィスはかかせない

最終更新: 2019年11月28日




一昔前のオフィスや企業は「仕事ができる場があればよい」という考え方でした。

だからもちろん、オフィスになんて「こだわりなし」

スチール製の事務机にチェアが、ずらっと並んでいるといった感じでした。


モノづくりからコトづくりへ

一昔前までは、事業構造が「モノづくり」でした。 しかし、現在は色んなサービスを展開している企業がたくさんあります。 同業他社ももちろんたくさん。 昔よりも「クリエイティブなアイデア」や「深い知識」などが求められているのです。 古くあるものも大切にしていきながら、新しいことに取り組んでいかなければ企業の発展も難しくなっている状況なのです。



オフィスがどう活躍する?

もし、オフィスが何年もリフォームされていなかったら… 少し考えてみる時期ではないでしょうか。 例えば、頭のやわらかい若いスタッフが色んなアイデアを出していきます。 それを肉付けするようにベテランスタッフがさらに、進めていきます。 そうして、新しいサービスや商品が出来上がっていくことを

企業側はのぞんでいるのではないでしょうか? そうするためには、若いスタッフもベテランスタッフも

「よい環境」で仕事をすることが一番です。

しかし、若いスタッフ(新卒や第二新卒など)は 「思ったイメージと違う」という入社後のギャップが生じで離職率が高い傾向にあります。 それを少しでも防ぐためにも「オフィスリノベーション」は必要です。

なぜか?実際に働いている姿を見てもらうことで 自分がここで働くんだな!という想像ができたり、 スタッフ同士がコーヒーを飲みながら、

ミーティングしていたら楽しそうじゃないですか。




わたしも、実際学生のときに「就活」を経験していましたが、

学生というのは「単純」なものです。

給与面や立地、事業内容はもちろん選択肢にありますが 同業社であれば、間違いなく「こんなオフィスで働きたい!」と思えるほうを選びます。 「こんなおしゃれなオフィスで働いているんだ~」とか自慢したいですからね(笑) また、オフィスをリノベーションしても

「仕事中にコーヒーなんか飲んで」という雰囲気では 「なんか、違うな~」となってしまうので、

社内の意識改革も必要になってくるかもしれません。



0回の閲覧

株式会社サンエイ工務店

三重県四日市市羽津中2丁目2-4

​営業日:月~金

営業時間:8:30~17:30

LEONEショールーム

三重県四日市市ときわ1丁目6-21

​オフィス見学受付:月~金

(10:00~18:00)