株式会社サンエイ工務店

三重県四日市市羽津中2丁目2-4

​営業日:月~金

営業時間:8:30~17:30

LEONEショールーム

三重県四日市市ときわ1丁目6-21

​オフィス見学受付:月~金

(10:00~18:00)

照明の光の効果や特徴

最終更新: 2019年11月28日

こんにちは。サンエイ工務店オフィスデザインチームのKです。

オフィスで欠かすことのできない照明。

皆さんのオフィスではどのような照明器具を使われていますか?

本日は光の効果や特徴ついてご紹介します☆彡




まず、照明に使われる蛍光灯の色は1色でないことはご存知ですか?

大まかに分けると…

・昼光色

・電球色

・昼白色

上記の3色に分かれます。

※メーカーによって異なることがございます。


□昼光色の効果□

昼光色とは青みがかった白色の事で、名前の通り、昼間のような明るい光をイメージした色です。

先ほどわけた3色のなかでは、一番光を強く感じ、

こちらの色の照明を使用すると、全体をはっきりぱっきり見せる効果があります。

強い光は、脳に強い刺激を与えて興奮させる働きがあるため

脳が活性化され、集中して物事に取り込みやすくなります。

そのため、集中力を高めて効率化をアップさせる効果を期待する

オフィスでの照明器具に主に使われています。


□電球色の効果□

電球色は、オレンジ色の混ざった白色の事で、白熱電球といえばこの色です。

刺激の少ないやわらかで温かい光となっていて、

昼光色とは真逆で、おやすみ前に灯すとリラックスでき心地よい眠りにつくことが出来る効果があります。


□昼白色の効果□

昼白色は太陽光に近い白色を指し、他の色を混ぜないで白色をそのまま明かりとして用います。

こちらは昼光色と電球色とは違い、色による効果はないので

部屋を癖のない色で照らし場所も目的も選びません。


弊社では、このような光の特徴や効果を活かした

オフィスリノベーションのご提案をいたしますので

是非お気軽にお問い合わせください!!!